040702
ジェルネイルの種類はハードとソフトがあります。
ハードは、ネイルの長さを強調したい人に適しています。
硬く強度に富んでいますから、爪そのものにある程度の厚みが出ます。
長さを出すためには、フォームで長さを作るスカルプチュア、ネイルチップで長さを出してかジェルをかぶせるオーバーレイなどの方法があります。
バラエティに富んだ爪そのものを楽しむ事が出来るだけではなく、もともと弱い爪、薄い爪の方にも適しています。
ソフトといえば、ソークオフジェル(バイオジェル・カルジェル・アクセンツ)と呼ばれ、ジェルネイルの主流です。
この種類に関しては、サロンなどでの施術の際に、相性として言われることがあります。
別々の者として取り扱うこともありますが、ネイリストと相談をしてみてください。
自宅で楽しむ分としては、オフの仕方が簡単で、溶剤で簡単に落とすことができます。
ハードの場合のオフは削る作業をしなければならないとされています。
爪のダメージが少なく、柔軟性などがメリットですが、長い爪の方には向いていないようです。
軽く、浮きも少なく、初心者には最適なジェルネイルです。
ソフトからのジェルネイルが基本です。
初心者の方はキットなどがありますから、そこから始めるとよいでしょう。
ソフトのメリットであるダメージの小ささは肝心です。
どうしても爪の健康は左右されてしまうことですから、自分で扱い安く、あまり傷めない事で、ジェルネイルを楽しむことが大切です。
キットなどを活用して、始めてみることをおすすめします。