マッサージをすると、とても気持ちよいと感じられるのですが、これは体内の水分や血液の流れが正常になったと考えてよいでしょう。
体内の水分は、必要なものと老廃物がありますが、むくみや痛みの原因としては、この老廃物がたまっているからです。
そこで、体の外側からの刺激としてマッサージを行うことで、老廃物が滞りなく流れて排出し、体内の水分調整がうまく行くことになります。
この時によく耳にするのが、リンパと言う言葉でしょう。
人間の血管は動脈と静脈がありますが、静脈では血液内の老廃物を回収して心臓に戻ります。
その時に、全てを回収できなかったものをリンパが回収して、排泄する働きをします。
むくみは、そのリンパの働きが低下していることで起こることが多く、リンパの働きを挙げるマッサージをすることで、老廃物の回収がうまくいき、むくみも解消されることになります。

CX_DG055
リンパマッサージで体内にたまった老廃物がなくなると気持ちよくなります。
主に水分も排出されることから、その水分の量だけ体重減少もでき、リンパマッサージによるダイエットも可能です。
よく、リンパマッサージで小顔になるというのも、同じ原理です。
リンパの働きを上げることができるマッサージを定期的に行う事で、体内の老廃物をためないことが大きな効果となります。

恵比寿駅からのアクセスはこちら

また、老廃物だけではなく、余計な水分なども排出することができることから、マッサージとリンパは深い関係性があり、健康だけではなく、美容にも良い事になります。

今のところ、毎年、キャンプに行っているのですが、有料キャンプ場に行くか、自分たちで決めた場所でキャンプするか、について毎年、家族でもめてしまいます。

有料のきちんと整備されたキャンプ場では、忘れ物をしてもお金さえ出せば売ってもらうことができます。
シャワーやお風呂まであるところもあります。シーズン中なら、アウトドアクッキング教室やモノ作り教室まで開催されていることもあります。
CX_DM057
お皿を洗うのだって、洗い場まで持っていけば水を節約することなくキレイに洗うことができますし、トイレも近くにあって便利です。
一番のメリットは、万が一、災害にキャンパー達が巻き込まれる危険性が起こったとき、管理人からの知らせが入ったり、助けてもらえる可能性が高いということです。

有料キャンプ場ではない場所でのキャンプは、自分たちの気に入った場所で過ごせるのが大きなメリットと言えます。キャンパー達で混み合うこともないし、自分たちだけの場所という雰囲気が味わえるし、確かにワイルドライフという気分が味わえるのも魅力です。
ただ、トイレは遠く、シャワーは浴びられない、水は節約と不便なことは多いものです。

テントのレンタルが9,800円

焚き火は、その辺りの枯れ木を使ったり、タープもテントも好きなように建てられますが、夜になると心細くなったりすることもあります。
準備を怠らない人や男性には、このタイプのキャンプが面白いかもしれませんね。

妊娠中でも髪は伸びます。
カラーもパーマも取れてきて、もう何とかしたい!
妊娠中に美容院に行く際、気を付けて置くことをまとめました!

・必ず申告しよう
自分が現在「妊娠中」であることを隠さずに伝えましょう!
スタッフの方々が必要な気遣いをするためにも。
背中用のクッションや冷えないためのひざ掛けなど、配慮をしてもらえます。

CX_FV199

・カラーやパーマは大丈夫?
今のところ、カラーやパーマの溶液が毛穴を伝って赤ちゃんに悪影響を及ぼす…ということは医学的根拠はないようです。
芸能人のママタレントや、妊娠中の方も、多くカラーやパーマをしているようです。
先駆者がいることは安心ですよね。
それでも、心配なものは心配!という方、地肌に直接つけないように、カラーやパーマをしてもらうことが可能ですので、美容師に相談し、納得のいく施術をしてもらいましょう!

・匂いに敏感なときは避けましょう
つわり中やつわりが終わった後でも、お母さんの身体は匂いに敏感。
美容院のシャンプーの匂いが無理!という方も少なくありません。
また、妊娠中は皮膚も敏感になっているので、カラーやパーマスタイルギャラリー
で皮膚がかぶれたりすることがあります。
体調が万全でも反応してしまうので、「今日は絶対大丈夫!」と自信のある時に行くのがベストですね。
パーマネントウエーブ

赤ちゃんに何かあったら…と不安に思うあなたは素晴らしいです!
でも、そのせいでストレスを抱えるのはご法度。
不安であれば医師とも相談しましょう!

「縮毛強制ほど超サラサラにしたいわけではないけど、髪をまっすぐにしたい」
そんなときはストレートパーマ(以下ストパー)です。
縮毛強制が「薬」と「熱」を使って強力にストレートを実現するのに対し、ストパーは「薬」のみでストレートを実現してくれます。

・くせ毛が強い人にはオススメできない
ストパーは、元々髪が直毛な人が、髪を全体的に整えるために行う方法。
なので、くせ毛の強い方や、うねりやすい髪質があるなど、ストレートに対し悩みが深刻な方にはオススメできません。
もちろん、縮毛強制よりストパーのほうがダメージも少ないので、できればストパーが好ましいのですが…。
自分の髪質に合った方法が一番持続しそうです。

HT187_350A

・ふんわりパーマにしたい!
それと同様、女の子らしさを演出できるのがストレートじゃないパーマですよね!
ふんわりしている髪の毛は、それだけで優しい印象を受けます。
女性にも男性にも人気ですよね!
でも、ふんわりさせたい、と思っても、髪質ですぐに落ちてしまう方や、パーマがかかりにくい方もいらっしゃいます。

春日 美容室

・パーマがかかりにくい髪質
元々すっごい直毛の方がふんわりパーマにしたい!と思っても、すぐにストレートに元通り…なんて話よくききますよね。
また、猫毛で柔らかい髪質の方も同様。
美容師さんに、そんなにすぐには取れないですよ!と言われても、翌日には取れていたり…。

デジタルパーマをとってからパーマをかける

自分の希望を美容師さんによーく判断してもらいましょう。

040703
ソフトのジェルネイルは、初心者なら手始めにやってみましょうと言いたいところです。
マニキュアと同じ感覚で始めることができます。
自分の爪のサイズで、そのまま形を変える程度で、ネイルアートを楽しむ事ができます。
長い爪を強調するのではなく、つけ爪のようにサイズも変わりません。
オフの仕方で、溶剤を使うソフトですが、ジェルを付ける前にハードはプライマーという薬品を使用します。
これは、ジェルネイルの密着度を大きくすることが目的ですが、ソフトはその必要がありません。
この点について、爪を傷めずにネイルアートを楽しむことができます。
ソフトという名の通り、柔らかいですから、アートを描くのも比較的簡単に行うことができます。
この柔軟性がフィット感を感じることができるメリットです。
ソフトの場合、色は混ぜて作ることができ、カラーバリエーションは多くすることが可能です。
ただ、爪が弱い、長くできない方で、ハードのハードルが高いと感じている方も多く、なんとかソフトをしたい方。
あまり長期間のつけていなければ、ソフトでも大丈夫です。
ただし、オフし早めに行うことをおすすめします。
とりあえずジェルネイルを始めたい方向きのソフトです。
最初は、用意するものが多いですが、一度に集めることになると大変です。
最小限度のジェルネイルの道具が揃ったスターターセットなどからはじめてみましょう。
その前に、サロンなどで実際に行っているところを見学、というのも良いでしょう。

ある程度ジェルネイルに慣れてきたら、ハードを試されるのも良いかもしれません。
ネイルのおしゃれをしたいと思っている方で、爪の形や長さに不満を感じている方も多いです。
その中で、爪が短い方のジェルネイルとしては、最初からハードがおすすめです。
ハードは硬いイメージばかり先行しますが、つけ爪の要領というと、より説得感があります。
短い爪に硬いジェルをつけることができるのがハードです。
硬く強度のあるものですから、爪の半分以上を長く見せる演出が可能になります。
マニキュアをつけることができない、指に浮いてしまった感じなっていた方にも、ハードを用いることで、よりゴージャスなジェルネイルを楽しむことができます。
そして、その先の内容としてストーンなどを乗せるのに、土台作りとしてのハードの役目もあります。
弱い薄い爪の方には到底かなわなかったネイルアートを存分に楽しむことができます。
ハードの特徴として、長持ちがあります。
いつまでも密着をして、耐久性もありますから、長くジェルネイルを楽しむことができます。
デメリットとしては、柔軟性がない硬いものですから、衝撃で折れる、欠けるといったことには注意が必要です。
ただし、少しかけた時には、新たにアートを加える事ができるとも言えます。
オフとしては溶剤で落とすだけではなく、削ることになりますから、途中のアレンジもしっかりと行うことができます。
欠けてしまった時だけではなく、少しデザインを加えたい方もハードのジェルネイルを覚えておくと何かと便利です。

040702
ジェルネイルの種類はハードとソフトがあります。
ハードは、ネイルの長さを強調したい人に適しています。
硬く強度に富んでいますから、爪そのものにある程度の厚みが出ます。
長さを出すためには、フォームで長さを作るスカルプチュア、ネイルチップで長さを出してかジェルをかぶせるオーバーレイなどの方法があります。
バラエティに富んだ爪そのものを楽しむ事が出来るだけではなく、もともと弱い爪、薄い爪の方にも適しています。
ソフトといえば、ソークオフジェル(バイオジェル・カルジェル・アクセンツ)と呼ばれ、ジェルネイルの主流です。
この種類に関しては、サロンなどでの施術の際に、相性として言われることがあります。
別々の者として取り扱うこともありますが、ネイリストと相談をしてみてください。
自宅で楽しむ分としては、オフの仕方が簡単で、溶剤で簡単に落とすことができます。
ハードの場合のオフは削る作業をしなければならないとされています。
爪のダメージが少なく、柔軟性などがメリットですが、長い爪の方には向いていないようです。
軽く、浮きも少なく、初心者には最適なジェルネイルです。
ソフトからのジェルネイルが基本です。
初心者の方はキットなどがありますから、そこから始めるとよいでしょう。
ソフトのメリットであるダメージの小ささは肝心です。
どうしても爪の健康は左右されてしまうことですから、自分で扱い安く、あまり傷めない事で、ジェルネイルを楽しむことが大切です。
キットなどを活用して、始めてみることをおすすめします。

普通のマニキュアとは違い、ジェルネイルを行う際には、準備しなければならないものが多いです。
これもあれもあればよいものばかりですが、全くの初心者の方には、キットなどを利用されると良いでしょう。
キットなどが必要になってしまう理由としては、単に爪に色付けするのではなく、爪上をデザインすることが目的です。
その時にキャンパスとなる爪の形を整えることから始まります。
それと、どうしても仕上りに左右されてしまう甘皮の処理。
甘皮とは、爪と皮膚の間の薄い皮ですが、これを必ずきれいにしなければ、ネイルアートはうまくいくとは言えないです。
まだ、ジェルも登場していないのですが、まずは下準備を行うことになります。
そして、LEDライト、ブラシ、ジェルのほかに、落とす時に必要なリムーバーなどです。
一つ一つ揃えるのも良いですが、何をどう使用していいかも分からない場合は、キットがオススメです。
ただし、この初心者キットもとても多い種類があるとされています。
だんだんと使い慣れてくると、あったら便利なものがわかってきますから、徐々に収集してみてください。
種類として激安のものからかなり高いものまで揃っています。
その大きな違いとしては、ジェルとLEDライトの質の違いです。
多少高い価格はかかったとしても、ライトとジェルは良いものを使用されることをおすすめします。
このあたりの情報としては、メーカーのホームページだけではなく、口コミ情報を活用されることをおすすめします。

04071
最近、ネイルというと、ジェルネイルのことを指します。
このジェルとは、今までのマニキュアとは違い、ゲル状の樹脂を爪に付けます。
それをUVライトで硬化させて、楽しむものです。
既存のマニキュアとはいくつかの相違点がありますが、爪のおしゃれという点においては共通点も多いです。
比較をすると、ジェルネイルの最大のメリットは、持ちが良いということでしょう。
たいていは3週間はそのままの状態が続くとされています。
マニキュアではせいぜい10日くらいが限度です。
もちが良いのは、単に爪に塗るだけではなく、硬化をさせる作業を行うからです。
爪の上で固めることを考えれば、持ちが良いのも納得です。
その点においても、ジェルネイルの方が使い勝手が良いでしょう。
爪にマニキュアで色をつけると言うよりは、装飾をするといった内容も特徴としては大きいです。
シーンに合わせたデザイン、セレモニーの時にはおとなしく、イベントの時にはその内容に合わせるといったことも行うことができます。
スポーツの国際試合などで、各国の国旗をネイルアートとしている選手も存在します。
発色が良く、艶っぽい仕上りになり、その上その状態が長持ちします。
一色程度の色ではなく、様々なデザインを施すことが多い最近のネイルですが、ネイルアート、ネイリストの存在など、その分野は広がっています。
様々な展開を見せるジェルネイル。
マニキュアでは実現できなかった様々な可能性が期待されています。